東京でマンションを買うならリノベーションがおすすめ

東京でマンションを買うならリノベーションがおすすめ

東京都内ではマンション用地の取得が難しく、新築マンション成約価格の高止まりにもつながっています。そこで注目されているのが、中古マンションを購入してリノベーションするスタイルです。

今回は、東京でマンション購入を検討している方に向けて、中古マンションをリノベーションするメリットを紹介します。

東京のマンション物件数は中古物件のほうが圧倒的に多い

東京のマンション物件数は、新築と中古とで大きく差があります。
インターネットの不動産情報サイトでは、東京都内の新築マンション物件のヒット数は470件ほどです。一方、リノベーション用中古マンション物件のヒット数は27,300件ほどあります。

条件に合う物件は中古物件のほうが見つかりやすい

数が少ない新築マンションよりも、中古マンションの方が希望する条件に合致しやすいといえます。
とくに通勤・通学に便利な駅から徒歩5分以内の物件は、利便性からも人気が高いです。中古物件であれば、駅近で面積が広い物件が見つかるケースも少なくありません。

中古マンションは、今後もストック増加が見込まれています。購入した中古マンションを、自分の好みに合わせてリノベーションするスタイルが注目されています。

中古+リノベーションはマンション購入層のニーズに合っている

住居用にマンションを購入するメイン層は、30代後半から40才前後です。結婚や出産を機に検討する方も少なくありません。

自分らしい暮らしを実現するため、価格が高い新築物件よりも中古物件を購入してリノベーションする方法がマッチしているといえるでしょう。

中古マンションをリノベーションするメリット2つ

ここでは、中古マンションをリノベーションするメリットを2つ紹介します。

1. 購入費用が大幅に抑えられるためリノベーションに注力できる

東京の中古マンションの成約価格は築20年を過ぎると、新築時の50%程度まで下がり、25年以上経過すれば、下げ止まる傾向にあります。

たとえば、東京70㎡のマンションを購入する場合、新築なら6,050万円程度かかります。中古(築21~25年)を購入してリノベーションした場合は、リノベーション費用を加えても3,600万円程度で手に入るのです。

もちろん、リノベーションにかかる費用は工事の内容によります。しかし、購入費用を抑えリノベーションに注力できる点は大きなメリットといえるでしょう。

2. ライフスタイルや希望に合った間取りを実現できる

新築マンションは間取りがある程度決められており、変更できる箇所も限られています。

中古マンションの場合、趣味や家族との距離感などを考えて間取りを決められます。テレワークに便利なワーキングスペース、家族とコミュニケーションがとりやすい対面型キッチン、ベビーカーの乗り降りがしやすい広い土間スペースなどが実現できるケースも少なくありません。

照明やキッチンなどの設備も自分好みに変更できるため、ライフスタイルにこだわりが多い若い世代にはとくにおすすめです。

東京都内にあるマンションのリノベーションならReoLabo(リオラボ)がおすすめ

ReoLabo(リオラボ)は中古マンション物件探しからリノベーション工事完了・引渡まで、施工会社が直接施工かつ、一つの窓口でトータルにご提供できる「ワンストップリノベーションシステム」を持つ会社です。

また、ReoLaboは商品ブランドによらず、リノベーション工事金額を専有面積による定額で一本化しています。細かい計算が必要な仲介手数料についても、不動産価格帯で定額化。リノベーション費用をしっかり予算内に収めたい方におすすめです。

【まとめ】中古マンションをリノベーションして理想の家を手に入れましょう

高額な住宅ローンを組む新築よりも、自分の思い描いた暮らしがかなう家を手に入れたいと考える人が増えています。立地はもちろん、間取りや設備に好みを反映しやすいのが、中古マンションのリノベーションです。

ReoLabo(リオラボ)では、リノベーション工事費用や仲介手数料を定額化し、物件購入から工事・引き渡しまで1つの窓口で提供しています。
東京で中古マンションを購入し、リノベーションを検討している場合は、ぜひReoLaboにご相談ください。

関連記事

ご予算シミュレーションまずは試算してみよう!
シミュレーションする
ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせはこちら
ご予算シミュレーション
360度内見ツアー
コラム