中古マンションを購入してリノベーションをする場合、予算について気になっている方も多いのではないでしょうか。
そんな方にご紹介したいのが定額制のリノベーションです。

今回は、定額制リノベーションがおすすめである理由に加えて、ReoLaboが取り扱っている定額制リノベーションの特徴について解説していきます。

定額制リノベーションを活用することで、予算の範囲内で希望するマイホームに住める可能性がぐんと上がります。
ぜひ参考にしてみてください。

定額制のリノベがおすすめの理由

ポイントを指摘する女性定額制のリノベがおすすめである理由は、以下のように予算や日程が組みやすい点です。

予算が組みやすい

定額制リノベーションは、工事にかかる費用が多くの場合「〇〇㎡につき△△円」のように床面積の広さによって決まるため、予算が組みやすいです。

リノベーションの内容を決める打ち合わせでは「ここはこうしたい」といった希望で溢れ、心が踊るものです。
気づけば工事費用をかなりオーバーしていたというケースも珍しくありません。

しかし定額制リノベーションであれば、面積あたりの単価で工事費用は定額ですので、予算が膨れ上がってしまう心配がないのです。

また、ローンを組んでリノベーションを行う場合、定額性リノベを利用することで、借り入れる額からの不動産と工事費用の予算配分が事前に分かり資金計画が立てやすくなります。

日程が組みやすい

定額制リノベーションは、工事内容がパッケージ化されており、間取りを決めたら商品をセレクトしていくというスタイルなので、打ち合わせがスムーズで日程が組みやすいというメリットがあります。

通常のリノベーションでは、プランや図面の打ち合わせを行ってからの見積もり提出となり、予算が合わなければそれを繰り返すというという作業が必要となりますので、予定していた工期、引っ越し日に間に合わないことが発生する場合があります。
また、購入予定物件について、購入したいと思ってから、工事予算の見積もりを依頼しているとその間に、他の人に売れてしまう場合もあります。

一方、定額制リノベーションであれば、工事の内容があらかじめ決まっているため、予算が立てやすく、工事の打ち合わせや予算組みがスムーズなため、物件の購入から着工~引き渡しまでスムーズに進みやすくなります。中古住宅はあくまで1点物のため、あらかじめ総予算を把握しておくことが大切です。

ReoLaboの定額制のリノベのポイント

ポイントを指摘する男性定額制リノベーションのメリットをご理解いただいたところで、次はReoLaboが行っているワンストップリノベーションについてご紹介していきます。

ReoLaboのワンストップリノベーションには、以下の3つの魅力があります。

  • W定額でわかりやすい
  • 施工会社ならではの安心のリノベーション
  • 定額制リノベーションのバリエーションが豊富

それぞれ詳しく解説していきましょう。

W定額でわかりやすい

ReoLaboの定額制リノベーションは、リノベーション費用と仲介手数料の両方が定額です。

リノベーション費用は、お部屋の専有面積によって変わる仕組みで、築年数や状態では変わりません。
幅広いテイストのリノベーションメニューを用意しており、お好みに合わせてお選びいただけます。

仲介手数料については、物件価格に応じて100万円毎に決まる仕組みです。
例えば、物件価格が3,000万円〜3,100万円だった場合の手数料は一律96万円(税別)です。
シンプルで分かりやすくリーズナブルな料金体系となっています。

このように、ReoLaboの定額制リノベーションは、リノベーション費用だけでなく仲介手数料も定額であるため、予算が検討しやすく資金計画も立てやすいため安心です。

安心のワンストップリノベーション

弊社の定額制リノベーションは、相談窓口を弊社の担当者に一本化しているため、煩わしさを感じることがありません。

中古住宅を購入してリノベーションをする場合、通常、それぞれの工程ごとに不動産会社・設計事務所・工事会社・銀行など様々な窓口に相談をしにいかなければならず、時間や手間がとてもかかってしまうものです。

また、他社のワンストップリノベーションは、窓口が一本化されていても、不動産会社・設計事務所・施工会社による分業制となっており、情報がスムーズに連携されない場合があります。

しかしReoLaboであれば、不動産・工事・設計が一社内でまとまっているため、物件探しから工事引き渡し完了まで安心かつスムーズな、ワンストップリノベーションを提供させていただきます。

リノベーションのバリエーションが豊富

ReoLaboのリノベーションでは、幅広いブランド・プランを用意しており、お好みに合わせて好きなものをご選択いただけます。
どれをお選びいただいても定額制であるだけでなく、オプションを選択することでお客様のご要望に合わせた施工が可能です。

ここでは、ReoLaboで取り扱っている6つのブランドについてご紹介していきます。

kahen

kahenの魅力は、お部屋を気分に合わせて変更できる”可変性”です。お部屋のオープンスペースを広く確保し、可動式の間仕切りを活用することで、お部屋を気分に合わせて変更いただけます。

「お部屋を広く使いたい」
「定期的にお部屋の間取りを変えたい」
「自然素材リノベーションをリーズナブルに行いたい」
このような方におすすめできるブランドです。

TOKYO*STANDARD

TOKYO*STANDARDとは、「blue studio」が監修する定額制セレクトオーダー式リノベーション。
選択できる素材やオプションは、暮らしにこだわりを持った「blue studio」がチョイスしたもの。シンプル・スピーディー・リーズナブルな施工で理想の暮らしを実現できます。

「専門の設計士と打ち合わせながらこだわりのあるお部屋にしたいけれども、出来るだけリーズナブルに」という方におすすめのブランドであるといえるでしょう。

Style-J

Style-Jは、住環境ジャパンのオリジナルデザインです。
品質とコストのバランスに優れているだけでなく、一流の建材メーカーからカラーやデザインを選ぶことができ、間取りも自由にできます。

「お部屋を自分好みに大胆にアレンジしたいけど、建材や水回りは高機能でメンテナンス性にも優れたものがいい」「間取りは自由に変えたいけど出来るだけリーズナブルに」という方にとって最適なブランドであると言えるでしょう。

ASSY

ASSYとは、toolbox監修によるパッケージリノベーションです。施工には、ラワンの木質とラフな躯体コンクリート現しを中心に長く使える厳選された素材を使用しており、間取りも自由に変更できます。

「TOOLBOXの世界観に共感し、こだわりのあるお部屋に長期間にわたって住みたい」という方は、ASSYが最もおすすめです。

Laferme

Lafermeの魅力は、南仏の農家をイメージしたアンティークなデザイン。建材にはエイジング加工が施されており、壁には漆喰が利用されています。まるで海外で暮らしているような感覚が味わえるでしょう。

「長く住んでも飽きのこない、自然素材に囲まれたアンティーク住宅が好き」という方は、Lafermeを選ぶと良いでしょう。

CLASKIT

CLASKITは、カウカモが監修しているリノベーション。デザイントーンが異なる2つのキットから好きな方を選択するだけですので、簡単におしゃれなデザインを選べる点が魅力的です。

「最近のリノベーショントレンドを取り入れた住宅に住みたい!」という方にとっては、最良の選択肢といえるでしょう。

定額制のリノベがしたいなら
ReoLabo

リノベされた部屋定額制のリノベーションをご検討されているのであれば、ぜひReoLaboにご相談ください。

ReoLaboであれば、リノベーション費用だけでなく仲介手数料も定額制。
そして6つのブランドから好きなものを選んでいただけるため、ご自身の予算と好みのデザインに合わせた希望のお部屋を造ることができます。

相談前にリノベーション費用のシミュレーションも可能

直接店舗にお越し頂かなくても、ReoLaboのHPにてリノベーション費用を含めた全ての予算を簡単にシミュレーションいただけます。

また、シミュレーションの結果はPDFデータとして、印刷も可能ですので、参考資料としてお持ちすることもできます。

もしシミュレーションの方法や、ブランドについてのご質問がある場合は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
お客様が描く理想の暮らしができるように、弊社の従業員が一丸となって尽力いたします。