『事故物件』に新ルール。気になる方には影響大。

事故物件コラム不動産の物件情報を見ていて、『告知事項あり』と概要の備考などに記載されている物件を見かけたことはありませんか?ReoLaboのお客様からのご依頼の物件を毎日探している私は、『告知事項あり』の物件を頻繁に見かけます。同じエリア・広さ・築年などから比較して、何故か「安い!」と思う物件の安さの理由の一つだったりします。

いわゆる『事故物件』といわれる物件は数多く存在していますが、どういうケース?いつまで告知?など明確なルールが決められていませんでした。

2021年10月8日に国土交通省がガイドラインを発表しましたので、私たちの不動産選びにも影響するその中身を見てみましょう。

 

続きを読む

夫婦で借りる住宅ローンに種類があるって、ご存知ですか⁉

以前は、住宅ローンを組むといえば、ご主人が単独でと相場が決まっていましたが、最近ではご夫婦で検討される方が増えてきています。産休や育休の制度の普及や、取得率の向上で会社を退社しない選択ができるようになってきていることも背景にあると思います。

夫婦で住宅ローンを借りて、協力して一緒に返済していくという住宅の買い方です。

『ReoLabo』のお客様でも、世帯年収からはもっと払えるのに、ご主人単独でのお借入れが難しいとなって初めてご夫婦でのお借入れを検討し始める方が多いですね。

調べ始めると、夫婦で借りる住宅ローンは、借りる銀行の違いだけではなく、【種類がある!(ペアローン、連帯債務、連帯保証)】となります。それぞれのメリットとデメリットを理解して、上手に利用すれば欲しい物件を手に入れるチャンスが広がります。自分たちには何が最適なのか?見極めていきましょう。

続きを読む

300万円でリノベーションできる?

300万円という限られた予算で満足度の高いリノベーションを実現するためには、いくつかのポイントを押さえて計画を進めていく必要があります。実際のところ300万円ではどんなリノベーションが可能なのでしょうか?今回は300万円で出来るリノベーションの内容と満足度を高めるコツをご紹介します。

「リノベーションって1000万円くらいかかるんでしょう?そんなお金、用意できない…」そんな風に諦めていませんか?実は予算300万円でも十分に満足のいくリノベーションを実現できるのです。

本記事では300万円で出来るリノベーションの内容をご紹介するとともに、300万円で理想のリノベーションを実現するためのポイントを解説します。

続きを読む

『中古マンションを購入すると【諸費用】は、『何に』『いつ』『いくら』くらいかかる?』

リノベーション工事も含めて、ワンストップで不動産を購入する場合にかかる費用は大きく分けると三つあります。①物件代金 ②リノベーション工事費用 ③諸費用 です。

物件の検討を進めると、必ず注目され始める『諸費用』ですが、その内訳は何なのか?また、いつ用意すべきか?などお客様からご質問の多い関心事項を解説いたします。

ReoLaboホームページのシミュレーションでは、簡単に諸費用の概算や毎月の返済額が分かります。 ⇒ 物件+リノベ総予算シミュレーション|ReoLabo(リオラボ)

続きを読む

大公開!ワンストップリノベーション みんなの平均費用は?

ワンストップリノベーションの平均費用は500万~2000万と施工事例によって大きな差が生まれています。今回はワンストップリノベーションの費用に差が生まれる3つの理由を解説するとともにワンストップリノベーションの費用についてご紹介します。

ワンストップ

続きを読む

ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせはこちら
ご予算シミュレーション 360度内見ツアー
コラム