リノベーションで打ちっぱなしに!コンクリ壁のメリット・デメリット

リノベーションで打ちっぱなしに!コンクリ壁のメリット・デメリット

リノベーションする際に、デザイン性を重視したい、シンプルな内装にしたいといった理由から、コンクリートの打ちっぱなしの壁にすることを検討している人もいるでしょう。
しかし、コンクリ壁にはメリットとデメリットがあるため、それぞれを確認したうえで実際にリノベーションを取り入れるかどうかを検討することが大切です。
本記事では、打ちっぱなしコンクリ壁のメリットとデメリットをそれぞれ詳しく紹介します。

打ちっぱなしコンクリ壁のメリット

打ちっぱなしコンクリ壁のメリットを4つ紹介します。
特徴などを踏まえて、確認していきましょう。

1.部屋が広くなる

マンションの壁は、基本的にコンクリートで作った枠組みの内側に断熱材を使用する方法で作られています。
断熱材は厚みがあるため、断熱材のぶんだけ室内の空間が狭くなることが特徴です。

しかし、コンクリート打ちっ放しの壁は断熱材部分の厚みがないので、必然的に部屋の面積が広くなります。

2.デザイン性が高い

コンクリート打ちっ放しの壁にリノベーションしたいと考える場合、デザイン性を重要視してコンクリ壁にしたいと考える人もいるでしょう。
部屋の雰囲気がシンプルになるコンクリ壁は、アパレルショップや飲食店でも使用されており、スタイリッシュな印象を与えられます。

3.耐火性が高く火災保険料を抑えられる

コンクリートは火に強いことが特徴であり、燃えにくいため1,000度の火があたっても簡単には燃えません。
耐火性が非常に高いことから火災保険料が安くなり、耐火性が低い木造の壁と比較した場合はおよそ3分1の料金になることがメリットです。

4.防音効果が高い

コンクリート打ちっ放しの壁は、多くの住宅で使用される鉄筋コンクリートや木材よりも比重が高く、防音効果が優れています。
音楽を楽しんだり映画を楽しんだりする趣味の部屋を作りたい人にとっては、非常にメリットが大きいでしょう。

さらに、隣の部屋の音も遮断されるので、静かに、快適に生活することが可能です。
ただし、コンクリート打ちっ放しの壁は、コンクリートの密度や重度によって防音効果に差があるため、事前に確認する必要があります。

打ちっぱなしコンクリ壁のデメリット

コンクリ壁はデザイン性が高く、デザイナーズ物件やアパレルショップなどさまざまな場所で使用されていますが、デメリットもあります。
そこで、コンクリ壁のデメリットについても4つ確認しておきましょう。

1.部屋の印象が暗くなる

コンクリートは灰色なので、無機質で薄暗い印象になります。
寂しさや不気味さなどを感じる人もいるでしょう。

室内がそういった雰囲気になるのを避けたい場合には、家具の色を明るくしたり、カーペットを敷いたりと工夫する必要があります。
コンクリ壁は、デザイン性を最も優先する人であればよいですが、住みやすさを重要視したい人には不向きかもしれません。

2.定期的なメンテナンスが必要

コンクリートは、ひび割れしたり穴が開いたりするケースがあります。
マンションの場合は、建物を管理している会社へ連絡したうえで、専門業者にメンテナンスを依頼しなければなりません。

一定時間に1度、コーティング剤を使用してメンテナンスをする必要があるのです。

注意して見なければわからない程度のひび割れや小さな穴であれば放置していても問題はありませんが、ひびが大きかったりコンクリートが割れて床に落ちたりするようであれば、すぐにメンテナンスをしましょう。

また、コンクリ壁に汚れが付着した場合、壁紙のように張り替えられないため、コーティング作業が必要です。

3.吸湿性がなく結露が発生しやすい

コンクリ壁にすると気密性が高くなり、室内外の温度差が生じるため結露が発生しやすいです。しかし、二重窓にすることで、朝の結露については抑えられるでしょう。

リノベーションをする際に、部屋の数を減らせば、部屋同士の温度差が原因の結露も予防できます。コンクリートは吸湿性がない素材なので、表面にカビが発生するケースも少なくありません。
湿気を吸収する機能はないといっても過言ではないため、掃除をする際に窓を開けて換気をする、日頃から風通しを意識しながら生活する必要があります。

換気をすれば部屋の湿度が上がらないので、コンクリートにカビが発生しにくいでしょう。
また、壁が少ない間取りにすれば部屋の中の風通しがよくなります。

4.壁に穴を開けられない

コンクリ壁にリノベーションをして、住み始めてからより便利にするために穴を開けたり、簡単なDIYをしたいと考えても、壁掛け収納や壁に物を飾るといったことは難しいため注意が必要です。

壁に穴を開けない、追加のDIYをはしないことを前提に、リノベーションを検討する必要があるでしょう。

【まとめ】コンクリ壁がライフスタイルに合っているかよく検討しよう!

コンクリ壁はシンプルで無機質な印象になるため、そういった雰囲気にしたい方にはピッタリです。家具は、木製のほか、ステンレスやアルミといった金属パイプのラックなどとも相性が良いでしょう。

シンプルな部屋にするのか、温かい雰囲気の木製家具を強調するのかなど、自分好みの空間を作りやすいことがメリットです。コンクリ壁のメリットとデメリットを参考に、自分の理想の家とコンクリ壁の相性を再確認して、壁の素材を検討しましょう。

関連記事

ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせはこちら
ご予算シミュレーションまずは試算してみよう!
シミュレーションする
ご予算シミュレーション
360度内見ツアー
コラム