デザインリノベーションってなに?どのくらい費用がかかるの

以前は、マイホームと聞いて思い描くのは新築でしたが、最近ではデザインリノベーションという方法が注目を集めています。この記事では、デザインリノベーションとは何か、またその費用について解説していますので、デザインリノベーションについての理解が深まり、ご自分がデザインリノベーションすることをより具体的にイメージできるようになります。

デザインリノベーションとは

ここでは、デザインリノベーションとは何かについて紹介します。

デザインリノベーションとは「住みたい」と思える家を実現すること

デザインリノベーションとは、古くなった建物を自分好みにアレンジし、これまで以上の価値をプラスすることを言います。具体的には、外観や内装などのデザインを変えることはもちろん、ご自分が心から「住みたい」と思える、便利で快適な家づくりを実現することこそが、デザインリノベーションの最大の魅力です。

デザインリノベーションとリフォームの違い

デザインリノベーションと似ているのがリフォームです。そもそもリフォームとは、「原状回復」が目的の工事です。つまり、劣化や故障する前の、元の状態に戻すための工事となり、色あせた壁紙や傷ついたフローリングの張替えなどを行うのがリフォームです。

デザインリノベーションの3つのメリット

デザインリノベーションには3つのメリットがあります。

・最新設備を導入し、今どきの間取りやデザインを取り入れることができる
・ライフスタイルや家族構成に合う自分好みの住まいにできる
・資産としての価値が上がる

リフォームで最新設備を導入する場合は、基本的に間取りを変えずに設備だけを変えるというのが一般的です。一方、デザインリノベーションは、好みやライフスタイルに合わせて間取りを大きく変更した上で最新設備を導入するため、よりスタイリッシュで快適な空間に仕上がります。デザインリノベーションなら、新築と同レベルの高スペックな住まいを実現できます。

また、デザインリノベーションが行われた物件は新たな価値が加わるため、資産価値が上がり、同じ築年数でリフォームした物件よりも高値で売りやすくなります。ただし、あまり個性的なデザインにすると逆に売れにくくなります。また、デザインリノベーションの場合は工事期間が長くなるので、時間に余裕をもって計画することをおすすめします。

デザインリノベーションにかかる費用

次に、デザインリノベーションにかかる費用について解説します。ここでは、すでにデザインリノベーションする中古のマンション物件を所有しているという前提で話を進めます。

デザインリノベーションの方がリフォームより費用がかかる

先ほども解説したとおり、デザインリノベーションは「建物にこれまで以上の価値をプラスすること」、リフォームは「原状回復」が目的の工事になります。

そのため、一般的にはデザインリノベーションの方が大掛かりな工事になり、リフォームよりも費用がかかります。

デザインリノベーションの費用は1㎡あたり10~15万円程度

デザインリノベーションで代表的なのがスケルトンリノベーションです。これは、フルリノベーションとも呼ばれ、物件の構造体以外をすべて解体し、内装や設備を一新するものです。70㎡のマンション物件をデザインリノベーションした場合の費用は、1㎡あたり10~15万円程度で、総額700~1,000万円程度かかることになります。

しかし、費用についてはあくまでも目安です。フローリングは無垢材にしたいなどのこだわりがあればさらに費用はかかります。また、デザインリノベーションする物件が一戸建ての場合は、増築したり、外壁や屋根の塗装をするなどの外観にも手を加るケースがあるため、1㎡あたりの費用を算出するのは困難です。一戸建ての場合は、同じ広さのマンションよりも総額が高くなると思っておいたほうがよいでしょう。

予算については依頼する施工会社によっても異なりますので、費用面で不安がある方は見積もりを積極的に行いましょう。また、ご自分でも予算の範囲内でどの工事を優先する必要があるのかということを考えておくことも大切です。

※工事見積・費用は、諸条件により変動しますので、事前に現地調査が必要となります。

デザインリノベーションの費用別にできる工事内容の紹介

ここでは、デザインリノベーションの費用に応じてできる工事内容について紹介します。ご自分の予算と照らし合わせながら、どのようにデザインリノベーションしたいのかを考えてみましょう。

・【100~300万円のデザインリノベーションの場合】:リフォームに近い内容の部分的・局所的なリノベーションが可能。キッチンや洗面台、トイレ設備の交換ができ、収納スペースの追加などもできる。
・【300~800万円のデザインリノベーションの場合】:間取りの変更を伴うリノベーションが可能。主にリビング・ダイニングを広くするための工事が中心で、壁を取り払い配線を変更する必要がある。
・【800~1,000万円のデザインリノベーションの場合】:大規模なデザインリノベーションが可能で、大幅な間取りの変更や最新設備の導入もできる。無垢のフローリングや西洋風デザインなど、ご自分の好みのほとんどを建物に反映させることができる。
・【1,000万円以上のデザインリノベーションの場合】:建物の構造を残すだけで、あとはほぼ自由にデザインリノベーションができ、新築と同レベルの仕上がりが期待できる。一般的なデザインリノベーションの場合は、この程度の規模と費用になり、ご自分が納得でき、十分な価値を付けた物件にすることができる。

デザインリノベーションを依頼する際は業者の情報を確認しよう

デザインリノベーションには1㎡あたり10~15万円程度かかるため、依頼する際は複数の業者から見積もりを取り、比較検討しましょう。

業者のなかには、ホームページにデザインリノベーションの実績件数や実例を紹介しているケースがあるので、確認するのがおすすめです。実例を掲載していれば、自分のイメージに近い業者を選べます。

デザインリノベーションを依頼する会社を慎重に選び、快適な住まいを手に入れましょう。

ReoLabo編集部

ReoLabo編集部

ReoLaboでは(リオラボ)では、住宅購入、リノベーションを検討している方向けに、住まいに関する情報を発信していきます。

関連記事

ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせはこちら
ご予算シミュレーション 360度内見ツアー
コラム