リノベーションは一時的な流行では終わらない!その理由とは?

リノベーションは一時的な流行では終わらない!その理由とは?

近年、リノベーションというワードを目にする機会が増えました。しかし、「リノベーションするなら新築を購入したい」と考える人もいるでしょう。なぜ、リノベーションはテレビや雑誌で多く取り上げられ、人々が注目しているのでしょうか。
この記事では、なぜリノベーションをする人が増えているのか、そして一時的な流行では終わらない理由を詳しく紹介します。その理由を知れば、リノベーションが選択肢に入るかもしれません。

リノベーションが人気を集めている6つの理由と時代背景

リノベーションが一時的な流行りでは終わらない理由として、時代の変化が挙げられます。
どのような理由でリノベーションが注目されているのか、時代背景から確認していきましょう。

1.社会情勢が変化している

日本は超高齢化社会になり、人口も減少しています。
出生率が低下し、人口が減っていることは日本全国の空き家問題につながり、行政の取り組みのなかでも大きな課題となっているのです。
国も、中古不動産を購入しやすいように対策を講じています。

さらに、新築住宅を持つことがステータスとされていた時代も終わりつつあり、自分の希望に適した家や、価値観や好みに合わせた家づくりが注目されるようになっていることも1つのポイントです。

2.中古物件への抵抗が薄れている

中古品に関する価値観は、時代と共に変化しています。
身近なものでは、リサイクルショップやインターネットオークション、フリマアプリなどが挙げられます。
まだ使用可能なものは、必要だと感じる人に使用してもらうといった意識が根付いてきているのです。

1度、ほかの人が使用した中古品に対する抵抗がなくなり、中古品にも価値を感じられるようになったことも、リノベーションが注目されている理由です。

3.自分に合わせた家づくりが主流になっている

これまでの住宅は、家を購入する人の住み心地よりも、早く安く作るといった効率性重視で生産されていました。
そのため、内装や間取りは万人受けするもので、同じ規格の作りでした。

規格に沿って作れば、コストを抑えてスピーディーに多くの住宅を作ることが可能です。
しかし、規格に沿った無難な内装や間取りの家が、誰もが快適な生活を送れるわけではありません。

自分の体格に合わせて収納スペースを設計できれば、スペースを無駄にしたり使い勝手が悪いと感じたりすることもありません。
ライフスタイルや働き方が多様化している現代では、規格通りに大量生産された家で快適に暮らせる人は少ないでしょう。

住む人のライフスタイルや、暮らしやすさに合わせて設計するリノベーションが人気を集めるのは、当然のことなのです。

4.個性を活かすことが重要視される時代

時代とともに個性や自分の価値観が重視されるようになったという背景もあります。
大衆がよいと感じるものではなくても、自分がよいと感じるものを手に入れたい、自分の価値観を大切にしたいという考えを持っている人が多いです。

自分の考えを大切にしたい、大切にしてもよいという変化は、自分の価値観に合わせたリノベーションが注目を集める理由として挙げられます。

5.自然環境への関心が高まっている

近年、自然を守るためのオーガニックやエコへの関心が高まり、世界中ではさまざまな取り組みが行われています。

これまで新築を持つことがステータスとされていた時代には、住宅を全て壊し、ゼロベースで住宅を建てることによって廃材が発生し、多くの建築資材が必要でした。
これは決して、自然環境に優しい方法とはいえません。

建物を部分的に改修してリノベーションし、新しい住宅に作り変える方法は、環境を保護することにもつながるため注目を集めています。

6.中古住宅を購入しやすい制度が整っている

近年、国内では少子高齢化に伴い、空き家が増えています。
そのため、新築住宅を購入するのではなく、現在ある中古物件を活用することが重要視されているのです。

国や企業は、中古物件を流通させるためにリノベーションに注力するようになりました。

さらに、金融機関はリノベーション費用と中古住宅を購入する費用を一括で借りられるローンを用意し、保険会社は物件に問題があった場合のサービスを展開しています。

リノベーションは一時的な流行りではない2つの理由

中古物件のリノベーションは、一時的な流行ではなく、今後進化することが予想されています。
なぜ今の時代にリノベーションが求められるのか、また、なぜ今後も注目や人気を集めるといわれているのか理由を確認しておきましょう。

1.さまざまな業種がリノベーションを手掛けている

リノベーション後のイメージ
リノベーションのプラン:ASSY
ReoLabo(リオラボ)の定額制リノベーションプランの詳細はこちら

国が中古物件の流通に取り組んでいることもあり、さまざまな業種がリノベーションや中古物件の取り扱いに注目しています。

そのようななかで、新築物件を手掛ける工務店やハウスメーカー、設計事務所のほか、一見住宅や不動産リノベーションとは関係がない業種が参入するようになりました。
資材メーカーや住宅設備のメーカーも、リノベーションに適した設備や施工方法の開発に注力しています。

さまざまな業界のリノベーションサービスが進化しており、リノベーションを行うことで新築住宅以上の住まいを手に入れられるようになりました。
リノベーションを請け負う業種が増えることによって必然的に注目度が高くなり、サービス内容も進化します。

このようなことから、中古物件のリノベーションは流行ではなく、今後定着することが予想されているのです。

2.高品質な住宅を選べる

住宅が不足していた時代には、住宅を大量生産することが重要視されていました。
そのため、中古物件は低価格で購入できるものの品質がよい物件は少ない傾向にありました。

現代では建築基準が高く、技術も向上しており、中古物件でも高品質なものが多いです。

加えて、中古物件に関しては審査が行われ、必要な場合にはリノベーションだけではなくリフォームも行われます。

こういったことから、高品質な中古物件を安心して選べるようになりました。
建築基準や技術の向上に伴い、中古物件の価値が上昇していることも、リノベーションが一時的な流行では終わらない理由のひとつです。

【まとめ】リノベーションは流行りで終わらない!定着したサービスへ進化する

中古物件のリノベーションは、一時的な流行で注目を集めているわけではなく、社会情勢や時代が変化するなかで、自然に選ばれたものです。

リノベーションをすることで、中古物件の内装や間取りなどを設計し、自分好みに変えられます。
リノベーションをすれば自分の理想通りの住宅を作れることが魅力であり、新築物件よりも価値がある住宅を手に入れられる可能性が高いです。
自分や家族の理想、生活スタイルに適した住宅であれば、長期間大切にできるでしょう。

ReoLabo編集部

ReoLabo編集部

ReoLaboでは(リオラボ)では、住宅購入、リノベーションを検討している方向けに、住まいに関する情報を発信していきます。

関連記事

ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせはこちら
ご予算シミュレーション 360度内見ツアー
コラム