リノベーション費用の住宅ローンを1本化する方法を紹介

リノベーション費用の住宅ローンを1本化する方法を紹介

住宅購入するときは住宅ローンを組むケースがほとんどですが、中古物件をリノベーションする場合は物件費用を住宅ローン、リノベーション費用はリフォームローンと、複数のローンを借り入れるのが一般的です。
しかし、最近では物件とリノベーションの費用のローンを1本化するケースが増えています。
今回は、リノベーション費用を住宅ローンと1本化するメリットとその方法についてご紹介します。

リノベーション費用を住宅ローンと1本化する3つのメリット

物件購入費用とリノベーション費用を住宅ローンに1本化することで得られるメリットは次の通りです。

1. 低金利・長期返済が可能になる

従来のようにリノベーション費用をリフォームローンで組む場合、金利は住宅ローンより高く、返済期間も10~15年程度と短めです。
リノベーション費用と物件費用をまとめて住宅ローンで借り入れた場合、金利を低く抑えられ、返済期間は最長35年となるため、毎月の返済負担を軽減できます。

借入限度額が高くなる傾向もあります。そのぶん、リノベーション費用の予算に回せる方もいるでしょう。

2. ローン手続きに必要な諸費用の節約になる

リノベーション費用を住宅ローンと1本化することで、ローンの審査や手続きを1度で済ませられるのもメリットです。
ローンの借り入れに必要な諸費用(手数料や保証料など)の節約にもなります。

3. 住宅ローン減税の適用額が増える

リノベーション費用を住宅ローンと1本化することで、住宅ローン減税(ローン残債の1%が控除される優遇税制)を受けられます。リフォームローンは住宅ローン減税の適用外となるため、ローンの1本化は大きなメリットといえるでしょう。

骨組みまで解体してからのリノベーションなどは費用が1,000万円程度かかるケースもあるため、かなりの節税になります。
※工事見積・費用は、諸条件により変動しますので、事前に現地調査が必要となります。

ローンの1本化には物件購入とリノベーション請負契約の同時進行が必須

リノベーション費用を住宅ローンと1本化するためには、物件購入と同時にリノベーションを請け負うリフォーム会社を決めておかなければなりません。物件の購入申し込み(仮契約)とローンの事前審査の段階でリフォームの見積書が必要になるためです。

また、売買契約(本契約)とローン申し込みの際には、リフォーム工事請負契約書が必要です。
仮契約と本契約の間は1週間程度しかありません。物件を決定後、リフォーム会社を決めて見積もりを出してもらってから工事請負契約を交わすのは難しいでしょう。

住宅ローンの1本化を希望する方は、物件とリフォーム会社を同時に探し始めるのがおすすめです。

物件をすでに所有済みの場合は借り換えで1本化できるケースがある

物件を所有済みの場合、住宅ローンの残りとリノベーション費用をまとめて別の金融機関への借り換えることで、1本化できるケースがあります。

ただし、リノベーション費用だけを新たに借り入れる場合は住宅ローンを利用できない可能性もあるため、注意が必要です。

ReoLabo(リオラボ)ならローン専門スタッフのサポートが受けられます

ReoLabo(リオラボ)は物件探しからリノベーション工事・引き渡し、そしてアフターサービスまで1つの会社が担当するワンストップリノベーションを提供しています。

住宅ローンとの1本化の手続きもスムーズです。ReoLaboでは、購入希望の物件が決まった時点でローン専門スタッフがローンの事前打診をサポートします。
買付(購入申し込み)と並行して行うことも可能です。

ReoLaboでは、中古物件探しや購入手続き、リノベーション工事請負などもすべて同じ窓口で相談できます。希望や理想に合った住まい探し、ローンについての提案やサポートを希望する方は、ぜひご利用ください。

【まとめ】リノベーション費用を1本化するなら綿密な計画が必要です

リノベーション費用は従来、住宅ローンとは別にリフォームローンを組む必要がありました。しかし、最近では物件費用と1本化して住宅ローンで借り入れるケースも増えています。

金利も低めで、返済期間も長く、毎月の返済負担が軽減できるほか、手続きに必要な諸費用や住宅ローン減税による節約効果も期待できます。
リノベーション費用を住宅ローンと1本化するためには、物件購入時にリフォーム会社とのリノベーション工事請負契約書を用意しなければいけません。

物件探しとリフォーム会社探しは同時進行が望ましく、綿密な計画が必要です。手続きなどの不安があれば、専門業者に相談するのがおすすめです。

ReoLabo(リオラボ)なら1つの窓口で物件探しから工事・引き渡し、アフターサービスまで担当しています。ローン専用スタッフによるサポートも可能です。

関連記事

ご予算シミュレーションまずは試算してみよう!
シミュレーションする
ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせはこちら
ご予算シミュレーション
360度内見ツアー
コラム