リノベーションの値段の相場とは?価格の内訳を知ろう

リノベーションは新築購入よりも費用は抑えられますが、決して安い買い物ではありません。費用の相場や価格の内訳を知らないと、意外なところで費用がかかり予算オーバーしてしまうこともあります。この記事では、リノベーションの値段の相場と価格の内訳を紹介していますので、どのくらいの費用をかけてリノベーションをすればよいかが判断できるようになります。

リノベーションの値段の相場

ここでは、リノベーションの値段の相場について紹介します。

リノベーションとは

リノベーションとは、リフォームによる原状回復とは違い、より快適な住まいを実現するために行われる工事です。単なる設備の交換だけではなく、収納スペースの確保や間取りの変更など、ライフスタイルや家事動線に配慮した大幅な工事になるのが一般的です。

リノベーションの値段の目安

リノベーションの値段の目安は、下記の通りです。

・マンションをリノベーションした場合:700万~1,000万円程度
・一戸建てをリノベーションした場合:900万~1,500万円程度

マンションと一戸建てのリノベーションでこれほどの差が出る理由としては、一戸建てのほうが工事面積は広くなること、増築が行われるケースがあること、屋根や外壁の工事も合わせて行うケースがあることなどが挙げられます。しかし、このリノベーションの値段の目安はあくまでも目安で、工事内容によっては同じ面積であってもマンションのほうが値段は高くなることもあります。

リノベーションは、下記のような工事をするかしないかによってまったく値段が異なります。

・大掛かりな間取りを変更するかしないか
・建材のグレードの違い
・壁材や床材のグレードの違い
・外観工事をするかしないか

リノベーションとは、それだけ多様な工事ができるともいえます。こだわりが強い人であれば費用が高額になりやすく、水回りだけの工事に留めるなどして工事箇所を減らせば費用を抑えることも可能になります。

※工事見積・費用は、諸条件により変動しますので、事前に現地調査が必要となります。

リノベーションの価格の3つの内訳

リノベーションの価格には、「物件購入費用」「リノベーション費用」「居住後の費用」という3つの内訳があります。ここでは、それぞれの内容について具体的に紹介します。

物件購入費用

すでに物件をお持ちの方には関係ない項目です。これから物件を購入してリノベーションをしようと考えている方は、ご自分の納得できる好物件をいかに価格を抑えて購入できるかが重要です。物件購入費用を抑えることができればリノベーションにお金を掛けることができ、自分好みの快適な住まいを手に入れることができます。しかし、これから先長く住むことを考えて、物件費用だけにこだわらず住環境が整っているかというポイントも忘れずにチェックして選ぶようにしましょう。

また、物件購入費用=物件価格ではありませんので注意が必要です。物件の購入には仲介手数料や登録免許税、司法書士への報酬支払いなどの諸経費がかかることを忘れないようにしましょう。

リノベーション費用

リノベーション費用は、下記の5つに分類することができます。

・【基本工事費】:まず、リノベーション前の設備や内装を解体する費用がかかる。その後、木工事や内装工事、給排水工事や電気工事などがあり費用がかかる。
・【設備機器や資材費】:キッチンや洗面台、トイレなどの住宅設備を導入するのにかかる費用。また、フローリングなどの床材、クロスなどの壁材や建具なども必要になる。資材のグレードによって費用がまったく異なるため、慎重に選ぶ必要がある。
・【オプション工事費】:プランにはない造作家具などを設置する場合は別途工事費がかかる、また、既存の設備の補修を行う場合も費用がかかる。予算オーバーの原因になる項目なので注意が必要。
・【設計費】:リノベーションのプランニングや図面作成にかかる費用。設計費は一般的に総工事費の10%程度が目安。図面の修正を依頼するとその度に設計費用が加算されるケースもあるので、設計費が定額性かどうかも確認する必要がある。
・【諸費用】:書類の作成手数料、申請手数料などで、一般的には総工事費の10~20%程度が目安。

居住後の費用

意外と忘れがちなのが、この居住後の費用です。リノベーションした住まいに引越しする費用だけでなく、生活を始めると地味にお金がかかります。また、固定資産税やマンションの管理費用など、ローン以外の支払いが増えることも頭に入れておきましょう。

リノベーションを行った際は、確定申告によって減税の対象となる場合がありますので、少しでも費用を抑えたい方は期限内にきちんと申請を行いましょう。

リノベーションの相場を把握して見積もりを依頼しよう

リノベーションの相場を把握するには、業者に見積もりを依頼しましょう。
その際には、改修したい箇所やイメージを具体的に伝えることが大切です。また、ある程度の幅を持たせた状態で予算の下限と上限を決めておきましょう。

あとはリノベーション会社に相談し、工事の方法や使う素材などを決めます。相手はプロですから、さまざまなアイデアを提案してくれますが、予算とも相談しながら無理のない範囲で納得のいくリノベーションを実現しましょう。親身になって相談に乗ってくれる会社であれば、見積もり価格と実際にかかる費用のギャップが少なく、安心してリノベーション工事を任せることができるでしょう。

ReoLabo編集部

ReoLabo編集部

ReoLaboでは(リオラボ)では、住宅購入、リノベーションを検討している方向けに、住まいに関する情報を発信していきます。

関連記事

ご予算シミュレーションまずは試算してみよう!
シミュレーションする
ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせはこちら
ご予算シミュレーション
360度内見ツアー
コラム