リノベーションで後悔しないために必要なこと

一生に1度あるかないかのリノベーション工事、せっかくなら後悔することなく、満足いく空間を手に入れたいものです。では、リノベーション工事で後悔しないためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

今回は、実際にリノベーション実施したときに後悔しがちな内容として、よく聞かれるものを3つご紹介し、リノベーションで後悔しないために必要なことについて考えていきます。

リノベーションで後悔しがちな3つの内容

実際にリノベーション工事を行った際、後悔しがちな内容にはどのようなことがあるのでしょうか。

ここでは例として、次の3つの後悔しがちな内容を取り上げます。

当初の予定より大幅な予算オーバー
構造や規約の問題で希望の工事が実施できない
リノベーション後の間取りについての検討が不十分

1. 当初の予定より大幅な予算オーバー

リノベーション工事を依頼する際には、新しい生活への夢が広がるあまり、ついつい「あれもこれも」と追加してしまいがちです。
気づいたときには当初の予定より大幅に予算オーバー、ということになりかねません。

計画の初期段階から大きく予算が膨れ上がる、というのはリノベーション工事を実施するにあたって、よく聞かれる後悔しがちな点です。

2. 構造や規約の問題で希望の工事が実施できない

マンションのリノベーション工事を行う場合は、建物の構造上の問題で、自分の思い描いていた間取りに変更できない場合もあります。

また、管理規約の問題から、一定の条件を満たした素材でないと、工事に使用できないというケースもあります。この場合、仮に構造上に問題がなかったとしても、希望の工事の実施はできませんので、注意が必要です。

3. リノベーション後の間取りについての検討が不十分

実際にリノベーション工事を行った部屋を使用することで初めて気づく間取りについての不満も、のちのち後悔しがちな点として挙げられます。

たとえば、生活動線が悪かったり、収納が少なすぎたりする部屋などは、使いづらさを感じます。

また、玄関を開けると、室内が丸見えになってしまう部屋も、来客や通行人からの視線が気になってしまったり、冷暖房効果が急激に悪くなるかもしれません。

リノベーションで後悔しないために必要な3つのこと

それでは、リノベーション時にここで挙げたような後悔をしないために、どのようなことが必要なのでしょうか。

ここでは、リノベーションで後悔しないために必要な3つのことを確認しておきましょう。

物件の下見
信頼出来る業者を選ぶ
優先順位を付ける

1. 物件の下見

購入予定の中古物件は、リノベーション工事後を思い浮かべたうえで入念に下見をするのがおすすめです。部屋の見た目だけでなく、部屋の構造やマンションの規約などについてもチェックしましょう。

また、下見は曜日や時間帯を変えて複数回行うとよいでしょう。その際、周辺の様子や雰囲気についても、しっかりと確認しておきましょう。

そして、疑問のあることはどんどんプロに相談するようにしましょう。

2. 信頼できる業者を選ぶ

リノベーション工事を依頼する業者は、信頼できる業者を選びましょう。施工実績のほか、見積内容のわかりやすさは、業者を選ぶうえでの重要なポイントとなります。

また、施工実績や、社歴、得意な工事やエリアを確認しておくこともポイントです。

3. 優先順位を付ける

より満足度の高いリノベーション工事とするためにも、あらかじめ住まいに求める条件に、優先順位をつけ、はっきりさせておくことが重要です。

譲れない条件を明確化することで、想定していたよりも大幅に予算オーバーしてしまったということもなくなります。

【まとめ】リノベーションで後悔しないために条件の優先順位を明確にしましょう

今回は、リノベーションで後悔をしないために必要なことについてご紹介しました。

本記事で取り上げたような、「リノベーションで後悔しがちなポイント」についてあらかじめおさえておくことが、より満足度の高い工事へとつながります。そのためにも、自分が求めている住まいの条件について、きちんと優先順位をつけ、明確化しておくことが重要となるでしょう。

ReoLabo編集部

ReoLabo編集部

ReoLaboでは(リオラボ)では、住宅購入、リノベーションを検討している方向けに、住まいに関する情報を発信していきます。

関連記事

ご予算シミュレーションまずは試算してみよう!
シミュレーションする
ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせはこちら
ご予算シミュレーション
360度内見ツアー
コラム