リノベーションを積極的に行うべき5つのメリット

リノベーションは、新築を購入しなくても、既存の住宅に手を加えることで、自分だけの理想の住まいを作り上げられます。
また、立地を重視しながらも、費用を抑えた家づくりを楽しめるという特徴があります。

こちらの記事は、積極的にリノベーションを行うべき5つのメリットについてご紹介していきます。
今後、リノベーションを行おうか悩んでいる方は、本記事で紹介するメリットに目を通し、検討してみると良いかもしれません。

リノベーションにはこんないいことがある!5つのメリット

リノベーションのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
こちらでは、リノベーションのメリット5つを取り上げていきます。

・同条件の新築と比較すると費用を抑えられる
・物件を選ぶ際の選択肢が広がる
・自分好みの間取りやデザインの家が実現できる
・住宅設備に最新のものを導入できる
・資産価値の下落を防げる

これら5つのメリットを確認していきましょう。

同条件の新築と比較すると費用を抑えられる

新築住宅を購入した場合と比べ、中古住宅を購入・リノベーションした場合のほうが、費用を抑えることができます。
その理由として、リノベーションの場合、建物の構造部分においては既にある建物の躯体を再利用するということが挙げられます。

通常、リノベーションの建設費用は、同条件の新築物件と比較すると20~30%以上、コストを抑えられるとされており、経済的です。

物件を選ぶ際の選択肢が広がる

一般的に、新築物件の場合、駅近で好条件の物件を探すのは簡単ではなく、物件選びの段階で妥協をしなければならない点も出てきます。
しかし、リノベーションも視野に入れて、中古住宅も物件探しの候補に入れることで、物件の選択肢が大きく広がります。

立地や居住エリアを満たしていれば、内装や間取り、設備などは、リノベーションで手を加えることにより、自分の希望する住まいに変えることができます。

自分好みの間取りやデザインの家が実現できる

リノベーションでは、住まいのデザインを自分好みに変えることができます。
自分のライフスタイルに合わせて自由に設計したり、好みのインテリアを取り入れたりすることで、こだわりの住まいの実現が可能です。

既存の物件の間取りを自由に変更する、また、自由なデザインのテイストに仕上げることで、個性を表現した住まいを自由に作り上げられるのは、リノベーションの最大の魅力です。

内装や設備に最新のものを導入できる

リノベーションでは、古い内装や水回り設備などを最新のものに入れ替えることが可能です。
そのため、たとえ古くて住みにくい中古物件であっても、リノベーションを実施することで、新築並みに快適に使いやすい住空間を実現できます。

また、内装や設備にかける予算配分についても自由度がある点は、リノベーションの強みです。

資産価値の下落を防げる

リノベーションを行うことで、築年数が経過した物件でも、住みやすく、おしゃれな住まいに生まれ変わる可能性が高くなります。
そのため、リノベーションを行うと資産価値が向上します。

ただし、リノベーションさえしていれば、どのような物件でも資産価値が上がるかというと、そうとも言い切れません。

最寄り駅から近い、ターミナル駅にアクセスしやすい、大型ショッピングモールが近くにある、といった立地条件のよさや、物件の管理状態(マンションの場合、適切に大規模修繕が行われているか、修繕積立金が積み立てられているか)のよさが物件の資産価値を左右しますし、よりよいリノベーションが行われていなければ資産価値は向上しないので、注意しましょう。

【まとめ】コストを抑えて理想の住まいを実現できるリノベーションは魅力たっぷり!

今回は、費用を抑えてこだわりの住まいを実現できる、リノベーションについてのメリット5つを取り上げ、その内容についてご紹介しました。

本記事でご紹介したリノベーションのメリットを理解し、目的にあったリフォーム会社を選ぶことで、新築を購入するよりもさらに低コストで理想の住まいの実現が可能となります。

ReoLabo編集部

ReoLabo編集部

ReoLaboでは(リオラボ)では、住宅購入、リノベーションを検討している方向けに、住まいに関する情報を発信していきます。

関連記事

ご予算シミュレーションまずは試算してみよう!
シミュレーションする
ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせはこちら
ご予算シミュレーション
360度内見ツアー
コラム