実際のリノベーションにかかる費用や相場について

中古住宅を自分のライフスタイルに合わせて作り変えられるリノベーションですが、実際にどれくらいの費用がかかるかわからない、という不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、リノベーションにかかる費用や相場、リノベーションを予算内に抑えるためのコツについてご紹介します。

リノベーションの費用や相場

一般的に、中古マンションのすべての内装や設備機器を新しくするスケルトンリノベーションを行った場合、1㎡あたり10万円から15万円くらいが相場です。しかしこれはあくまでも目安にすぎません。

※工事見積・費用は、諸条件により変動しますので、事前に現地調査が必要となります。

ここに設計、デザインへのこだわりや、ハイグレードな建材や設備を取り入れることを考慮すると、場合によっては、相場通りの費用設定とはならない場合も多くあります。

また、一戸建てのリノベーションを行う場合は、外壁や屋根の塗装など、部屋の内部だけでなく外観の変更までが可能なため、平均的な相場を出すのは更に困難となります。

このように、リノベーション工事では、あくまでもどこまでこだわりを持って手を入れるかによって費用が大きく変わってくるため、一概に専有面積だけで費用相場を出すのが難しいのが現状です。

そのためにも、リノベーション工事を決めたら、工事の範囲を決めたうえで1度見積もりをとることをおすすめいたします。この見積もり内容を参考に、想定していた予算内で収まるように、リノベーション工事を進めていきましょう。

また、ReoLaboのように定額制リノベーションを採用している場合は、予算が明確になります。

リノベーション費用を予算内に抑えるための3つのコツ

それでは、リノベーション費用を予算内に抑えるためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

ここでは、リノベーション費用を予算内に抑えるためのコツ3つについてご紹介します。

・やりたい工事を明確にし、優先順位をつける
・こだわりたい点については早めに工事会社に伝える
・追加料金を事前に確認する

やりたい工事を明確にし、優先順位をつける

リノベーション工事を検討する場合は、自分が実現したい工事の内容を明確化し、優先順位をつけるのがおすすめです。

新生活への夢が膨らむあまり、あれもこれもと工事内容を追加してしまうと、想定以上の予算オーバーを招いてしまいます。

そのためにも、まずはリノベーションで実現したい内容について洗い出し、リスト化してみましょう。その後、改めてリストの内容をチェックし、譲れない点・そうでない点をはっきりさせる、という方法をとるとよいでしょう。

こだわりたい点や予算については早めに担当者に伝える

工事内容のなかでも、こだわりたい点や予算については、前もって担当者に伝えておくと、打ち合わせがスムーズに進みます。

たとえば、希望する工事内容が、予算をオーバーする場合でも、素材や設備のグレードを変更し、予算内に収められるプランを提案してもらいやすくなります。

追加料金を事前に確認する

最後に、工事会社から概算見積もりを出してもらったあとに、追加料金の発生がないか、確認をとっておきましょう。

後から想定外の費用が必要となるということも防げます。

定額制リノベーションは価格設定がわかりやすくリーズナブル!

予算内でのリノベーション工事を希望している方におすすめなのが、定額制リノベーションを取り扱っている会社の利用です。

定額制リノベーションとは、あらかじめ用意されたデザインパターンや素材から希望にあうものを選んで組み合わせ、専有面積に応じた価格から金額を決定する方法です。

価格がわかりやすくリーズナブルで、また見積もりもスピーディーなため、大変便利です。

【まとめ】リノベーションの希望を叶えるには予算の上限や優先順位の設定を!

今回は、実際のリノベーションにかかる費用やおおよその費用の相場についてご紹介しました。

希望に沿ったリノベーションを実現するためには、あらかじめ予算の上限を決めておくことをおすすめいたします。また、住まいに求める条件に優先順位をつけておくことで、費用を削れるところから削り予算オーバーを防げます。

関連記事

ご予算シミュレーションまずは試算してみよう!
シミュレーションする
ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせはこちら
ご予算シミュレーション
360度内見ツアー
コラム