教える女性

近年は新築のマンションを購入するのではなく、中古のマンションを購入してリノベーションをし、費用負担を抑えて自分が希望する部屋に住む方が増えてきています。

そこで注目されているのが、工事の自由度が高いスケルトンリノベーションです。

今回は、スケルトンリノベーションについて詳しく解説していきます。

読んでいただくことでスケルトンリノベーションの良い点や悪い点が分かり、工事に失敗することなく自分の希望するお部屋に住める可能性が高まりますので、ぜひご一読ください。

スケルトンリノベーションとは

スケルトンスケルトンリノベーションとは、建物を躯体がむき出しになるまで解体して行うリノベーションのことです。

物件の中身を全て作り変えるリノベーションであるため、通常のリフォームやリノベーションと比較して行える工事の自由度が高いです。

スケルトンリノベーションは、築年数がある程度経過した物件で行われる事が多く、新築物件よりも手頃な値段で希望のお部屋を手に入れられる可能性があります。

スケルトンリノベーションのポイント

ポイントを指摘する女性それでは、スケルトンリノベーションには、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?
ポイントは以下の4点です。

  • 間取りを自由に設定できる
  • 水回りを自由に設定できる
  • 設備機器を新しくできる
  • 再建築不可物件でも住み心地を良くできる

1つずつ確認していきましょう。

間取りを自由に設定できる

スケルトンリノベーションの最大の魅力は、お部屋の間取りを自分の好きなように設定できる点です。

例えば、「子供部屋を設けたい」「生活動線にこだわりたい」など、自分や家族が暮らしやすいように間取りを自由に変更できます。

通常のリフォームやリノベーションでは、お部屋の中に古い箇所と新しい箇所が混在してデザインがつぎはぎになってしまうことがあります。

しかしスケルトンリノベーションでは、使用する建材や家具などの色味をそろえてお部屋に統一感を出すことが可能です。

このようにスケルトンリノベーションでは、新築マンションでも手に入らない自分の思い通りのお部屋を手に入れられる点がとても魅力的ですね。

水回りを自由に設定できる

スケルトンリノベーションで設定できるのは、間取りだけではありません。

キッチンや浴室などの水回りも自身が希望する場所に配置できる可能性があります。

通常のリフォームやリノベーションでは、水回りの移動が基本的にできません。

水回りを移動させるためには、配管や配線など簡単には動かせない部分も合わせて移動させる必要があるからです。

しかしスケルトンリノベーションでは、建物を解体することで配管や配線の移動も可能になるため、水回りも移動させやすくなります。

設備機器を新しくできる

中古の物件と聞くと、断熱性や遮音性、耐震性能などの性能面で不安を思われる方も多いのではないでしょうか?

しかしスケルトンリノベーションであれば、工事の際には断熱性能や遮音性にかかわる建材を更新・補強するため、物件の基本性能自体を向上できます。

加えて、老朽化した排水管や電気配線の更新も可能。
基本性能が向上することで、新築物件に劣らない性能が手に入り、自分の好みのお部屋で快適な生活を送れますね。

再建築不可物件でも住み心地を良くできる

スケルトンリノベーションは、再建築ができない物件に対しても行えます。

この再構築ができない物件というのは、主に「法律で規定された広さのある道路に接していない物件」のことを指します。

なぜそのような物件が存在するかというと、この法律ができる前に建てられた物件の中には規定の広さをもった道路に接していない場合があるからです。

規定の広さのある道路に接していない建物を再建築するためには、法律で規定する広さの道路を新たに設けなければなりません。
よって、規定の道路の広さが設けられない場合には、再建築することができないのです。

しかし、スケルトンリノベーションは解体するのは建物の中身で、再建築にはなりません。
工事を行って希望の間取りに改装できます。

スケルトンリノベーションの際の注意点

悩む男性一方で、スケルトンリノベーションには、以下の3つの注意点があります。

  • マンションの管理規約で禁止されている場合がある
  • 建築方法によっては間取り変更をできない場合がある
  • 建物の状態が悪いと費用がかさむ傾向がある

スケルトンリノベーションを行う際は以上の項目を確認した上で行ってください。

マンションの管理規約で禁止されている場合がある

スケルトンリノベーションは、マンションによって管理規約で禁止されている場合があります。

そのため中古物件を購入してスケルトンリノベーションを行う場合は、物件の管理規約を先に確認しておきましょう。

管理規約をよく確認せず先にマンションを購入してしまうと、スケルトンリノベーションが管理規約で禁止されていることが物件の購入後に発覚し、取り返しのつかない事になりかねません。

建築方法によっては間取り変更をできない場合がある

スケルトンリノベーションをしても、希望する間取りが手に入らないこともあります。

例えば、スケルトンリノベーションを行うマンションが壁構造である場合、壁自体がマンションの構造体の一部であるため取り壊せません。

そのため壁構造のマンションでは間取りの変更が難しいのです。

こだわりのある間取りのお部屋に住みたい場合は、購入する物件の間取りが自由に変更できる構造かどうかを事前に確認しましょう。

建物の状態が悪いと費用がかさむ傾向がある

スケルトンリノベーションは、築年数が古い物件でも行える点が魅力です。
しかしあまりにも建物の状態が悪いと、修繕や補修に費用がかさむことがあるため注意が必要です。

例えば、湿気が多い物件や水漏れが発生している物件においては、シロアリによる被害が発生している可能性があります。

また、構造や躯体におけるダメージは、 建物やお部屋を解体してみなければ分からないこともあるのです。

そのため築年数の古い物件でスケルトンリノベーションを行う場合は、中古物件の仲介とリノベーションの施工をワンストップで行っている業者の利用がおすすめです。

中古物件の特徴とリノベーション施工の両方に精通している会社であれば、物件を選ぶ段階で工事の費用がかさむ可能性がある物件を見抜いてくれます。

さらに、工事後に追加の費用が発生するリスクを抑えることが可能です。

ReoLaboなら定額のリノベーションだから安心

スーツ姿の男女もしスケルトンリノベーションをお考えであれば、ぜひReoLaboにご相談ください。

ReoLaboの定額リノベーションであれば、築年数や物件の状態にかかわらず、お部屋の専有面積で費用が決まります。

もちろん間取りも自由です。
そのため予算内で希望のお部屋を手に入れることが可能です。

リノベーションのバリエーションも豊富

また、ReoLaboの定額リノベーションは、個性豊かな6種類のテーマからお好きな物を選べるだけでなくオプションも豊富にご用意しています。

いざお部屋の間取りやデザインを自由に変更できるとなった場合、どこをどのようにしてよいのかわからなくなる方もいらっしゃいます。

そんなときはReoLaboが用意しているプランやオプションからご自身の好みに近いものを選んでいただくだけで、ご希望のお部屋が手に入れられるためおすすめです。

まとめ

スケルトンリノベーションは建物の躯体がむき出しになるまで解体して行うため、間取りや水回りに置いて希望が叶いやすくなります。
さらに、建物自体の基本性能も向上させることができるのがポイントです。

ただ一方で、スケルトンリノベーションをしたからといって、必ず希望の部屋が手に入るわけではありません。
管理規約や建物の構造などによっては工事に制限がかかったり追加の費用が発生したりするため注意も必要です。

ReoLaboなら、定額リノベーションで選択肢も豊富なため、予算内でご希望のお部屋に住むことが可能です。
ぜひ、お気軽にご相談ください。