中古物件を住宅ローンで賢くリノベーション

中古物件のリノベーションを行う際にも、同時購入であれば住宅ローンを利用できます。

今回は、リノベーション時に使えるローンやその内容、ローンをリノベーション時に活用する際の上手な方法や工事で利用可能な優遇措置についてご紹介します。

中古住宅リノベーション時に使える2種類のローン

リノベーション時に利用できるローンには、リフォームローンと住宅ローンの主に2種類があります。

これら2つのローンの主な特徴について確認しておきましょう。

1. リフォームローン

リフォームローンとは、言葉通り「リフォーム専用のローン」を指します。すでに所有する物件をリノベーションする場合や、住宅は相続、もしくは現金購入する場合に利用されるケースが多いです。

リフォームローンの多くが無担保型のローンとなっており、自宅を担保とする通常の住宅ローンと比較すると、金利が高い傾向にあります。

2. 住宅ローン

一般的に、住宅の購入や新築を目的として借り入れる住宅ローンは、住宅のリノベーションを行う際にも利用できます。

住宅ローンは、自宅や土地に抵当権を設定し、担保にするという形を取るため、金利が低く借入期間が長いというメリットがあります。

リフォームローンを利用する2つのメリット・3つのデメリット

リノベーション時にリフォームローンを利用するメリット・デメリットをご紹介いたします。

リフォームローンを利用する2つのメリット

リフォームローンを利用するメリットは、次の通りです。
担保を準備する必要がない
(但し、金額や条件によっては必要となります。)
審査期間が短く、借りやすい

リフォームローンを利用する3つのデメリット

反対に、リフォームローンを利用するデメリットは、次の通りです。

・返済期間が短い
・限度額が低い
・金利が高い

住宅ローンを利用する3つのメリット・2つのデメリット

リノベーション時に住宅ローンを利用するメリット・デメリットをご紹介いたします。

住宅ローンを利用する3つのメリット

住宅ローンを利用するメリットは、次の通りとなります。

・返済期間が長い
・借入金額が大きくしやすい
・金利が低い

住宅ローンを利用する3つのデメリット

住宅ローンを利用するデメリットは、次の通りです。

・自宅や土地に抵当権を設定しなければならない
・審査期間が長く、審査条件がさまざま。
・火災保険や団体信用保険等が加入条件の場合も多く、諸費用がかかる。

中古住宅リノベーション時にどちらのローンを利用するかは、工事の目的やご自身の状況によって変わってきます。

ローンの利用を検討する場合には、両者のメリット・デメリットをよく確認しておくことをおすすめします。

住宅ローンを利用して賢くリノベーションする2つの方法

住宅ローンを利用して、上手にリノベーションを行うには、次の2つの方法があります。

1. 一体型の住宅ローンを利用する

住宅ローンとリフォームローンを併用する場合と比べ、手数料や保証料などの諸費用が節約できるというメリットもあります。

2. 住宅ローンとリフォームローンを併用する

住宅ローンとリフォームローンを併用する場合、別々のところから借り入れを行うため、どうしても毎月の返済金額が高くなる傾向にあります。

リノベーションで可能な優遇措置

中古住宅のリノベーションを行う際、減税や補助金などの優遇措置を受けられる場合があります。

住宅ローン減税の適用

一体型住宅ローンを利用した場合、リフォーム費用も控除の対象となります。

リノベーションで利用できる補助金制度の利用

一定の用件を満たしたリノベーションについては、自治体などが行っている補助金制度の対象となります。

補助額は制度の内容により異なりますが、原則、事前の申請が必要です。

【まとめ】住宅ローンを利用して、賢くリノベーションしましょう

今回は、住宅ローンを活用し、上手にリノベーションを行うにあたって使えるローンやその内容などについてご紹介しました。

プロの専門業者なら、ご予算やご希望に合ったローンを紹介しているので気軽に相談してみましょう。

ReoLabo編集部

ReoLabo編集部

ReoLaboでは(リオラボ)では、住宅購入、リノベーションを検討している方向けに、住まいに関する情報を発信していきます。

関連記事

ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせはこちら
ご予算シミュレーション 360度内見ツアー
コラム