土間のある家にしたい!リノベーションでできるスゴ技

古い日本家屋の特徴のひとつである土間ですが、最近になって使い勝手のよい空間として再び注目されています。リノベーションで土間を取り入れるケースも増えています。
そこで、今回は土間のある家にリノベーションするために知っておきたい、土間のメリットや設置場所、使用する床材の特徴などをご紹介します。

土間は屋外で使うものの収納や汚れてもいい作業スペース

土間は屋外と室内の中間と認識されることが多く、玄関を開けてすぐの場所にあるのが一般的です。かつては炊事場や農機具などのメンテナンススペースとして使われていました。
現代では、自転車やベビーカーなど日常的に屋外で使うものや、アウトドア用品などを収納する場所として土間が取り入れられています。
土間でベビーカーを広げ、子どもを乗せればお出かけにも便利です。帰宅したときに土間まで入って荷物を置いてから子どもを降ろせます。

土間リノベーションのメリット・デメリット

リノベーションで土間を取り入れる主なメリットは以下のとおりです。

  • 多目的な収納スペースになる
  • 天候に左右されないメンテナンススペースが確保できる(DIY・ガーデニングなど)
  • 玄関が広く感じられる
  • 自転車やベビーカーなどがそのまま置いておける

夏でもひんやりするため、野菜や常温保存の食料を保管する場所としても適しています。

また、土間から浴室や洗面所に直通できれば、屋外でついた汚れを居室に持ち込まずにすみます。
一方、土間を取り入れることのデメリットは以下のとおりです。

  • 湿気がこもりやすく、結露がおこりやすい
  • 寒い時期は底冷え対策が必要
  • 居住空間が狭くなる
  • バリアフリー対応が難しくなる(段差を低く設置することである程度解消)

土間を玄関周辺以外に取り入れるケースもある

従来の土間は玄関入ってすぐの空間でしたが、最近は居間やキッチン、ベランダなどに土間を作るケースもあります。リビングに取り入れて夏など暑い季節はダイニング代わりに使用したり、キッチンでは泥のついた野菜や生ゴミの一時保管場所としても使えます。
マンションのベランダからリビングへ入るところに土間を取り入れてインナーテラスを作り、リビングと段差を設けることで縁側らしい雰囲気を出すことも可能です。鉢植えの植物などをおくのもおすすめです。
どちらも土間の水濡れや汚れても掃除が楽な特性を活かした使い方です。

土間の床材は好みや用途に合わせて選ぶ

土間リノベーションをするなら、床材選びが重要です。部屋の印象が変わりますし、費用もさまざまです。1つの素材を選ぶのもいいですが、複数の素材を使ってアクセントにするのもおすすめです。

コンクリート

コンクリートはセメントに砂と砂利を混ぜたものです。費用を抑えたい場合や土間を無機質な印象にしたいときにおすすめです。掃除が楽なのもメリットのひとつです。
しかし、コンクリートには乾燥時にはより乾燥し、高湿度のときはさらに湿気を放出・結露しやすい性質があります。コンクリートの下に防湿シートや断熱材を入れるなどの対策が必要です。

モルタル

モルタルはセメントに砂を混ぜたものです。マットな仕上がりになり、今時のおしゃれな土間作りに合っています。コストを抑えたいときにおすすめです。
ヒビが入りやすいのが難点ですが、経年による味わいと考えることもできるでしょう。 

天然石

他の素材よりも高級感があり、コストも高めです。割れにくく耐久性に優れていますが、水に濡れていると滑りやすいのが難点です。
シミができやすく、石の材質によっては、掃除に酸性洗剤が使えないケースもあるため、お手入れには注意が必要です。

タイル

色やデザインが豊富で、おしゃれな土間作りにおすすめです。ただし、割れやすいためメンテナンスが必要です。掃除や手入れがしやすい磁器タイルが主流ですが、素朴なイメージのテラコッタタイルも人気があります。

土間リノベーションの費用相場

土間リノベーションにかかる費用は、使用する床材や広さなど諸条件により変動しますので、事前に現地調査が必要となります。
相場としては、3畳程度で30万円前後ですが、冬の底冷え対策に床暖房を設置する場合などは追加費用がかかります。

土間を設置する場所や使用目的に適した床材を選ぶのが重要

古い日本家屋の特徴のひとつであった土間が再び人気を集めています。リノベーションで玄関周りやリビング・キッチン、ベランダの出入り口などに土間を作るケースが増えています。
土足OK、汚れや水濡れしてもメンテナンスしやすい特徴のある土間ですが、現代のニーズに合わせるには、設置する場所や使用目的に適した床材を選ぶことが重要です。
コンクリート・モルタル・天然石・タイルといった床材の特徴や土間の特性をふまえ、希望にかなった土間リノベーションを実現させましょう。土間のリノベーションに関するご相談なら、ReoLaboにお任せください。さまざまな提案をご用意いたします。

ReoLabo編集部

ReoLabo編集部

ReoLaboでは(リオラボ)では、住宅購入、リノベーションを検討している方向けに、住まいに関する情報を発信していきます。

関連記事

ご予算シミュレーションまずは試算してみよう!
シミュレーションする
ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせはこちら
ご予算シミュレーション
360度内見ツアー
コラム